ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここから本文になります。

医師に伝えるべきポイント

医師が治療方針を決めるためには、患者さん自身の情報を医師に正しく伝えることが重要です。
受診時に医師に伝えるべきポイントをご紹介します。

医師に伝えるべき3つのポイント

お薬の服用状況
医師の指示通りに、お薬を正しく飲めていますか?困った症状はありませんか?
痛みの強さ
初診時の痛みを「10」、痛みなしを「0」とすると、今の痛みはいくつ?
生活の中で改善されたこと生活の中で改善されたこと
例えば、よく眠れるようになったなど、日常生活で改善が実感できたことはありますか?

「睡眠の状況」や「運動の状況」のほか、何か気になることがあればあわせて伝えましょう。

痛み日記の活用

医師との情報共有には
「痛み日記」が活用できます。

記録用に「痛み日記」をご用意しています。
次回の診察に向けて、ぜひご活用ください。

このページの上部へ戻ります。

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。